自動車塗装日記

自動車塗装日記#3 プリウス納車

投稿日:



先日から作業していたプリウスが本日完成しました。

 

組み付け後、塗装したリアフェンダーとバンパースポイラーとの色も確認しましたが

違和感がなかったので、そのまま洗車→納車となりました。

 

納車時にお客様に確認していただきましたが、仕上がりに満足していただけました。

ありがとうございました。

 

今回の反省点


 

今回の修理箇所は以下の通りです。

左リアフェンダーの鈑金・塗装

リアバンパースポイラーの修理・塗装

 

スポイラーの修理に関しては、傷だけだったので、削ってサフ仕上げで問題ありませんでした。

問題はリアフェンダーです。

 

 

テールの内側にダメージがあり、角が潰れている状態でした。

なので、この周辺の形はパテで作りました。

 

テールを付けるわけですから、当然隙間を見ないといけなかったんですが、

折れ目の幅が2センチという、外観ばかり見ていて、中の隙間を見忘れていました。

 

結果、テールを付けたとき、下の端の方の隙間が狭く、中が高いという状態になり

サフを塗装後の手直しとなりました。

 

テール下はなめらかなアールになっているのですが、ごらんの通り少し低い状態でした。

この時、手直しをしてあまり前まで広げたくなかったのと、サフを厚塗すればいけると思い、

そのまま行きました。

 

サフを塗装後に確認したところ、

すかしで見ても分からないけど、触ったら分かる

という状態になりました。

 

言ってしまえば、安上げの中古車ならOKですけど、お客様の車ならダメと言う状態です。

 

正直言うと、気分的に手直しするのがめんどくさいという気持ちも少しありました。

僕はこういうところが少しあるので、手間を惜しまず、

またこういう手抜きな気分になったときは、

今回のことを思い出してきっちり手直しするようにします。

 

塗装に関しては、シンナーの選び方がもう一つダメだったように思います。

気温が27度あり、湿度も30%ほどあって、標準50% 遅乾50%で塗りました。

 

アンダークリヤーを目安にするのですが、2回塗りで半ツヤまでいったので

この割合のシンナーで塗装したんですけど、若干ベースのキワの肌が高くなりました。

 

#2000で研ぎ直し、遅乾100%でベースを塗り直すと

いい状態で色が乗りました。

 

これも、早く仕上げたいという欲が出て、

標準を混ぜることではやく乾燥させようとしていました。

 

これからどんどん暑くなってくるので、遅乾~超遅乾を使い

焦らず、しっかりと乾燥時間を取り、仕上げていきます。

 

今回は以上です。

 

-自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.