自動車塗装

マツダの進化した赤「匠塗」?

投稿日:



いちころです。

ヤフーニュースで気になった記事があったので、ご紹介します。

 

コチラ

 

・・・カッコいいですね~。

人馬一体を体現しているといっても過言ではない完成したクルマ、ロードスター。

シロウトが乗っても運転の楽しさが味わえる、素晴らしいクルマなんですが、

今回は車の紹介ではありません。

 

最近のマツダ車のラインナップに、というかカタログの車両紹介によく使われている

ボディカラーについてです。

 

塗装屋泣かせのボディカラー

 

この色、ソウルレッドクリスタルメタリック といいます。

コチラをご覧ください。

 

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をさらに進化させました。

とありますが、そこは軽くスルーして、注目するのはボディのすぐ上の層です。

 

・・・・・光吸収フレーク?( ゚Д゚)?

 

フレークというのは、カスタム塗装の一つで、通常のメタリックよりも数段目の粗い、

ラメのような塗装方法です。

通常の1.3とかの口径では塗ることが出来ず、専用のガン(パウダーブローガン)が

必要になってきます。

 

ウチには一度も入ってきたことがないですが、聞いた話ではボカシ際が難しく、

調色もまた難しいらしいです。

 

正直、フレークなんて遊びでヘルメットに塗ったぐらいで、

まともに仕上げたことがありません。

 

それにしても、純正ボディからーにフレークを使うか~?

 

そういえば昔、クリヤーを調色する3コートパールをマツダが出したな‥。

それも確かアクセラだったような・・。

やってくれるやんけ、マツダ!

 

何にしても、塗装屋泣かせの色ってことには違いないですね。

 

色番とかは忘れましたけど、たしかトッポの紺メタが調色できない色が入っているとかで、

0.9kgで2~3万の塗料を買った覚えがあります。

あと、エルグランドの緑のような紫のような色とかね。

 

そんな感じで、もしかしたらこの色を販売するんじゃないかなと思ってるんですけど、

どうなんですかね?ロックさん?

 

 

 

-自動車塗装

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.