ダイハツ トヨタ 自動車塗装日記

自動車塗装日記#40 塗装歴アリの塗装(素人)

投稿日:



いちころです。

 

僕の愛車は軽トラなんですけどね、最近、ボルトオンターボが気になってます。

キャリィ(スクラム)用で35くらいなんですけど、加工なしでいけるらしいので

何とか自分で出来んもんか・・・。

そんなもん付けて、軽トラで何がしたいねん?とも思いますが、

これはまったく意味のない、『浪漫』ってやつですな。

ナイス浪漫!オレ!

 

ってことで、今日の仕事はコチラ。

はい。ちょっとシャインがまぶしいですね。

タントのゲート新品塗装です。

細部まで確認しましたが、特に問題がなかったので

磨いた後、組み付けに回しました。この色、パッと見は黒なんですが、

光に当てると中が黄色の緑色になります。

透かしは少し赤っぽくて、メタは粗く、ギラギラしています。

組み付け後に上司と二人で

______『スゴイ色っすねー』

と言ってしばらく見てました。

組み付け後、ガラスを入れてもらい、1晩置いて完成です。

 

次のクルマはコチラ。

 

はい。カムリ ハイブリッドです。

クラウンやマークXとかもそうですが、トヨタのセダンはカッコいいですね。

失礼ながら、カムリってクルマが今もあるとは知らなくて、

____『ナニ?このカッコええクルマ?』

と、トランクのエンブレムを見て初めて知りました。

 

顔が落ち着いてますよね・・。結構好きかも。

黒に塗って車高落として18インチくらい履けば、化けそうな予感はします。

 

・・・( ゚д゚)ハッ!

 

話がそれましたね。

修理箇所はコチラです。

修理箇所

・フロントバンパー左カド(タッチアップ)

・リアバンパー右カド(タッチアップ)

前後とも、少し擦ったような傷です。

実はこのクルマ、社長の知り合いのクルマらしいんですが、

オーナー様がご自身で塗装されたらしく、

パッと見は素人の塗りとは分からないくらいの出来でした。

整備士だそうですが、コレだけできれば十分なくらいですね。

 

ご自身でも修復できるんだと思いますが、

今回はウチに依頼して頂いたという感じです。

 

修理内容ですが、安上げということで

タッチアップで行ってくれとのことです。

ご注文通り作業開始です。


 

はい。ちょっと削ってしまってますが、キズはこの程度です。

僕はバンパーの修理はなるべくパテを使いたくないので、ギアで削っていきます。


 

大体削り終えました。

#120のギアで削り、すべての傷を消しました。

思った通り傷は浅かったので、それほどバンパーの肉厚を落とすことはありませんでした。

後は#180~#320でエッジを出し、均していきます。


 

はい。削り終えました。

ラインと素地の肌、エッジを整えて終了です。

脱脂して吸い込むところがあるか確認しましたが、見当たらなかったので、

このままサフを塗ることが出来ます。

次は後ろです。


 

御覧の通り、筆刺ししてますね。しかもキズだけではなく、

ちょっと割れてるような感じです。少しですけどね。

塗ってしまうのでこのまま削ってもいいのですが、

とりあえずシンナーで色を落としてみます。

 


 

はい、取りました。

見たところ、クリヤーが割れて素地とクリヤーが見えている状態です。

試しにカッターで割れてる塗膜をぴしぴし弾くと、割れる割れる。

 

よく見ると、ちょっと周りまでクラックが入っているようでした。

一通り塗膜を割った後、#180のギアで落としていきます。

 


 

はい、落とし終えました。

このバンパーは、確認しましたが1本塗っています。

ブツもムラもあり、それは間違いないんですが、御覧の通り塗膜が

素地(一番キワ)・サフ・ベース・クリヤー しかないんですね。

 

ということは、新品に交換して自分で塗ったってこと?

いや、色もあってるし、コレはすごいなと驚きました。

 

キズの個所は特に問題なく削れたので、エッジを出し、サフを塗装していきます。

 


 

はい、おkですね。

写真で見ると、フロントバンパーの下の方の塗りが甘く、

また少し盛り上がってるように見えなくもないですが、

実際は違和感なく仕上がっています。

塗装歴のある物の塗りは、キワが痩せるかどうかが不安になりますが、

乾燥中でも痩せることはなかったので、これでいけるはず。

塗る範囲は御覧の通りです。

フロントバンパーはラインまで。リアはほぼ半分です。

 

乾燥させている間に、調色をしていきます。

 


 

少しわかりにくいですが、正面・透かしは黒っぽくなっています。

正反射は青白いですね。

1F7の色見本にはコレだ!というのがなかったので、

なんとなく近そうなものを選んで調色開始。

 

バンパーの方が若干メタの目が細かいので、メタを細かくするついでに

ボカすことを考えて、全体的に少しだけ白めに合わせました。

 

5~6回調整して納得できる範囲まで寄ったので、調色終了です。

 


 

はい、ブースに入れたんですけど・・・

大きすぎてスペースがあまりとれないことに、入れてから気づきました。

前後ですからね‥。間を取って、この位置に決定。

明日マスキングをするということで、今日の予定は終了です。

 

完成したX-TRAIL

 

ようやく完成しました。

洗車も終わり、後は納車を待つばかりです。

 

思えばこのクルマは、多分ですが、7月の終わりか8月のアタマに入ってきたと思います。

こういったペイントをして車を売るショップが神戸にあるらしく、

ご自身のクルマも同じ仕様にしたいとのことでした。

 

ただ、お客様ご本人が、子供のころからビートルの緑が好きで、

____『塗るならコレ!絶対コレ!ロフテングリーン!』

と決めていたそうです。

 

ただ好きはいいのですが、見本等は一切なく、

ネットで出てるからあとはよろしくと言われたときは、

ホントどうしようかと思いました。

 

コチラが5点ほど見本を作ったんですが、どれも気に入らなかったらしく、

結局お客様がPCで作成したチップを見本に合わせ、何とか仕上がった感じですね。

 

色々と苦労はしましたが、うまく仕上がって一安心です。

 

今日はここまで!明日も頑張りましょう!

お疲れさまでした (`・ω・´)ゞ

 

 

 

-ダイハツ, トヨタ, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.