ダイハツ 自動車塗装日記

自動車塗装日記#59 劣化したボンネットの塗装

投稿日:



いちころです。

ボンネットやルーフ、トランクなど

艶が引けて、塗膜がぽろぽろと剥がれているクルマを見たことはないですか?

こんな感じですね。

いくらカッコいいクルマでも、塗膜がこうなってしまったら台無しになります。

では、なぜこうなってしまうのか?

その理由は、太陽の光なんです。

太陽の光が長年当たり続けることにより、徐々にベースの色が薄くなっていき、

少しづつクリヤーが泡を吹いたようにプツプツ浮いてきて、

そして最後には写真のように大きく剥がれてしまいます。

これを塗膜の経年劣化と言います。

 

よく浮く箇所は、受け面であるボンネット・ルーフ・トランク

形状によってはバンパーも剥がれます。

 

そして、保管場所によっても劣化の違いがあり、

屋根のある場所で保管しているクルマは劣化が少なく、

野外で保管しているクルマは、やはり塗膜が痛みやすくなります。

 

こうなってしまうと、磨いてもどうすることも出来ないので

修復するには再塗装しかありません。

 

今回の作業は、そんな経年劣化で塗膜が痛んだ車の修復です。

 


 

はい、今日の作業はミラジーノの修理です。

作業内容はコチラ

〇フロントバンパーの修理

〇ボンネット 劣化の剥離

〇ゲート鈑金

 

ボンネットは、経年劣化で剥げています。

フロントバンパーは擦り傷・凹みをパテで修復。

ゲートは大きく凹んでいましたが、鈑金で修復しました。

 

今日は、ボンネットの剥離から掛かっていきます。

 

全部剥ぐか、残すか

ギアアクションの#120でプライマーごと剥いで鉄板まで行きます。

 

この作業で、塗装屋によっては、何もない所を削らず置いておく人もいます。

少しでも削る箇所を省いて、速く、楽に仕上げるためですね。

そんな人から見ると、僕のやってる作業は無駄が多いそうです。

『全部剥ぐ必要なんてないのに、手間なことをしよるわ!』って感じです。

 

で、僕の考えは

『劣化してるかもしれない塗膜を置いておくのか?』

ってことなんですよね。横着せんと剥げや、と。

少しくらい残しても仕方ないし、後々浮く可能性も無くはありません。

そんな不安材料を残して塗るのは僕的にイヤなんでね。

前の職場でよく揉めてました。

 

はい、ではそのまま全部削っていきます。

はい、全部削り終わりました。

と、ここで塗装経験のある方なら、

『そんな手間なことをしなくても、剥離剤を使ったらいいのに』

と思われるでしょう。

実際そうですよね。その方が、鉄板を痛めることなく綺麗に剥ぐことが出来ます。

 

が。

このクルマはウチの得意の安上げ。

剥離剤が1缶2万ほど。コレを節約するために削ったんですよ。<(`^´)>

こういう細かい節約の積み重ねをしとかないとね。

 

次に#120では表面が粗いので

#180~#320まで、順番に当て直していきます。

 

はい、#320まで当て終えました。

ガイドコートで深い傷が無いかを確認。凹みもないので、これで下準備は完了です。

 

よく、#180とかで当ててもサフで消えるからOKみたいな記事を読みますが

それは僕的に間違いです。

深い傷が入ったままサフを乗せると、塗った時は傷は消えたように見えます。

ですが乾燥するとペーパー目が出ることがあるんですね。

当然研いでも消えることはないです。

 

なので、やはりペーパー目を残してサフを乗せるのはやめておいた方がいいです。

DIYで作業してる方とかは特にね。サフで粗いペーパ目は埋まりません。

目を落として研いでくださいね。

 

はい。ではブースに入れて、サフ塗装の準備にかかります。

ブースに入れました。

ゲートにスアナが見えたので、拾いパテで埋め。

エアブロー・マスキング後、しっかりと脱脂をしてサフを塗装していきます。

 

シンナー希釈15%。厚盛りで乗せました。

しっかりと乾燥させ、明日研いでいきます。

 

次の作業はコチラ

 

はい、ストリームのリアスポイラー(中古塗り)です。

朝イチ、研ぎ残しを確認。

問題なかったので、ここまま梱包していきます。

はい、梱包終わりです。

この状態で送ってくるんですよ。個人の解体屋とかは。

BIGWAVEとかは、ロゴの入ったきちんとした箱に入れてくれるんですけどね。

この状態で、お客様に返します。

 

今日の作業はここまでです。

お疲れさまでした(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

-ダイハツ, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.