塗装工程

作業解説 #1 足付けとは?

投稿日:



塗装の作業工程の説明です。

第一回目は、『足付け』です。

この工程ががキチンと出来ていなければ、耐久性のない仕上がりになってしまいます。

プロでも神経質気味に行う作業の一つなので、手を抜かず作業することが重要です。

 

足付けの目的

塗装面(塗膜)に目的に応じた番手のペーパー(紙やすり)を使って

傷を付けていくんですが、その目的は以下の通りです。

 1.塗料を密着させるための溝(傷)を作る

 2.塗装面に付いているゴミや取れにくい汚れを落とす

 3.旧塗膜の肌を落として平らにする

 塗料を密着させるための溝(傷)を作る

まず、塗料を密着させるためには、旧塗膜に傷を付けないといけません。

この目的は、傷に塗料を食い込ませるためです。

この溝に塗料が染み込むことによって、塗料と旧塗膜(サフ・鉄板)とを

ガッチリと密着させることができます。

この溝の深さは、当てるペーパー目によって変わり、それぞれ目的によって変えていきます。

 パテの足付け#120~180

凹みを直すときの足付けです。

パテは凹みに埋め込むものなので、その分厚みが出ます。

そのために、#120~180という、粗目のペーパーで当てます。

そうすることによって、パテがしっかりと旧塗膜(鉄板)に食いつき、

パテの剝がれを防ぐ事が出来ます。

 サフェーサーの足付け#320~400

パテを仕上げた後、または傷を修正したが、凹みはなくて旧塗膜を剥がして傷が取れた場合、

サフェーサーを塗装していきます。

サフェーサーは、その目的に応じて、濃さ・膜厚を変えるのが基本です。

スプレーパテ仕様といって、濃いサフを膜厚を付けて乗せて、

僅かな凹みを抜くことを目的とした塗り方があります。

この場合は、結構厚めになるため、#320で足付けを行います。

通常の、小傷をペーパーで当て擦った程度なら#400で擦ります。

 

 旧塗膜の塗装の場合(ベース塗料を塗る)

例えば、傷はないけどバンパーやスポイラーを1本塗る時や、全塗装をする場合など、

旧塗膜の上にベース塗料(色)を乗せる場合は、#600~800を使います。

この時に、旧塗膜の肌をきれいに落として鏡面のようにしとくことで、

次に乗せるベース塗料を綺麗に塗る事が出来ます。

 

 

 旧塗装膜の塗(クリヤーを塗る)

艶が引いている場合や、ボカシ塗装をするときのように

ベースを塗らない、または塗らない箇所があるときは、そこは#1300~1500で当てます。

この番手は、目がとても細かく、クリヤーを塗ることで目が消えますが、

その分、旧塗膜に傷を付けにくくなります。

当てる前に、塗装面の汚れをしっかり取っておくことで

汚れで目を詰まらせることなく足付けする事が出来ます。

 

2.塗装面に付いているゴミや取れにくい汚れを落とす

塗装面を綺麗に洗い流しても、手で触ってみると

プツプツとした何かが付いている事がよくあるんですが、

これは、走行中に付いた鉄粉や、小さな汚れが時間が経って硬化したものです。

この場合は、付くといってもへばりついているだけなので、爪で擦れば取れる場合がありますが、

どうしても落ちない時は、鉄粉落としのゴムを使って取り除きます。

それでも取れない場合は、#1500~2000で広めに擦ることで、落とす事が出来ます。

その他には、水アカです。

洗車をあまりしていなかったりすると付くんですが、特に白っぽい車がよく目立ちます。

これは、コンパウンドがあればそれで擦れば取れるんですが、中には取れないものもあります。

その場合は、#1500~2000の細かいペーパーで擦ることによって

取り除く事が出来ます。

 

 旧塗膜の肌を落として平らにする

塗装する前の足付けとして、旧塗膜の目を綺麗に落とすことで、

次に乗せる塗料を、綺麗に塗る事が出来ます。

旧塗膜の塗膜の目は、#1500程度でも十分に落とす事が出来るので

丁寧に擦れば、DIYでも十分な仕上がりにする事が出来ます。

ちなみにこの作業は必須ではありません。

プロの塗装屋でもやらない人が多いので、材料費もかかるし、

そこまで気にしないのであれば、飛ばしてもかまわない工程です。

 

まとめ

足付けといっても色々と種類があるんですが、

要は目的に応じた番手で擦れば、問題なくできる作業です。

道具としては、耐水ぺーパー、ドライ用のペーパーの他に

スコッチブライトとウオッシュコンパウンドを使えば、隙間なく

均一に、傷を付ける事が出来るのでおススメです。

 

足付けは塗装の基本。

手を抜くと、そこから全部剥がれるので、手を抜かずに

しっかりと行ってください。


-塗装工程

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.