スバル ダイハツ ホンダ 未分類 自動車塗装日記

自動車塗装日記#74 思い込みは失敗の元

投稿日:



いちころです。

今日は近畿地方に低気圧が来るとかで、

北の方ではかなり雪が降ったそうです。

コチラは相変わらずで、寒いことは寒いんですが、

吹雪いて積もるほどではなかったですね。

ま、朝は水道の水が凍ってたみたいですけど、その程度です。

その後はカラッと晴れたしね。

この異常な寒さも、もうそろそろ終わってほしいトコですね。

 

では今日の作業はコチラ

はい。社長のフォレスターです。

乾燥後、一晩おいたので、十分に硬化しています。

このまま磨こうと思ったんですが、次の作業を優先させてくれとのこと。

磨くのは後日となりました。

紙をめくって、今日のところはコレで仕上がりということになります。

 

そして次の作業はコチラ

はい。タントの修理です。

修理箇所は、フロントバンパーの左カド、右ステップの鈑金です。

安上げの作業らしく、バンパー・ステップ共、タッチアップ。

『傷のところだけやったらエエ!』

らしいです。はい。

そしてステップは、スポイラーが付くらしいので、見えるところだけでいいとのこと。

下を覗いてみると・・

なるほど。下の方は鈑金パテしか付いていません。

それほど安いのか・・

見える箇所を確認したところ、上側しか見えないようなので、

そこがきれいに見えたらOKということで、作業をしていきます。

はい、パテを研いでサフの手前まで来ました。

フロントバンパーは、キズ自体は大したことなかったので、

ここまで研いで、あとは濃い目のサフで埋めてしまいます。

ステップの方は、若干凹みはあるんですが、安上げのため2回目のパテはしません。

コチラも厚めのサフで、見た目だけ誤魔化してしまいます。

 

はい。サフを乗せ終わりました。

写真で見ると、ステップがまだ入っていますね。

ラインが変です。

しかしこの仕事は安上げ。これ以上は手を加えることは出来ません。

パット見はまぁまぁいけるので、このまま行きます。

フロントバンパーの方は、サフでキズが十分に埋まっているので

問題なしです。

次に調色です。この車の色番はX06。

白のパールと、バイオレットが入っている、ダイハツでよくある色です。

光に当ててみてみると、バンパーのほうが白っぽく、

フェンダーの方が黒くなっています。

あまり時間を書けることが出来ないのと、ステップの色のことも考え、

2つの中間の色を作ることに。

フェンダーより、ちょっと白っぽい感じのところで止めておくことにしました。

この後、サフを研いで、マスキングにかかっていきます。

はい、マスキングが終わりました。

この範囲で行きます。

このバンパーはよく見てみると、全体的にキズがあり

この隠している紙のもう少し先にも傷があるのですが、

拾っていくとキリがないので、もうここで切ります。

ステップは、右は端まで。左も大体キワでボカシます。

はい、塗り終わりました。

黒はキワが出やすい印象があるので、下処理をしっかりとやり、

またザラ付かないように注意して塗りました。

特に問題もなく、塗装終了です。

乾燥後、明日磨いて行きます。

 

次の作業はコチラ

はい。バモスのフロントバンパーの塗装です。

ご覧の通り、塗膜が劣化してヒビ割れています。

修復方法としては、もう剥ぐしかないですね。

ここでダブルアクションを使ってしまうと、バンパーの素地が毛羽立ってしまうので

ギアアクションで削っていきます。

ペーパーは#320です。

はい。ちょっと削って様子を見てみます。

ツブツブと浮いていたものは、プライマーの下から来てた様です。

これは全体に広がっているので、もう全部剥ぐことで確定です。

ペーパーを#240に変えて、削っていきます。

だいたい剥ぎ取ることが出来ました。

あとは明日、細部を確認して進めていきます。

今日の作業はここまでです。

 

思い込みは失敗の元

先日のハスラーですが、時間があったのでちょっと眺めていました。

あ~、やっぱキレイに塗ってるわ~と、見ていたんですが、

やっぱりいつもの癖で、あら捜しをしてしまうんですよね。

いや、塗りはウチには関係ないんで、失礼極まりないんですが、

1つ見てしまうと、続けて見つけてしまうんですよね。

まずキワ。

ドア2枚をブロックで塗っているかと思ったんですが、側面をいってました。

そして、塗装専門店ということもあり、脱着は全くしないようです。

フロントフェンダーにはオーバーフェンダーとセンターピラーのゴムが付いてるんですが、

ここにキワが剥がれていました。修復ならアウトなくらいです。

あとは、ブツの磨き残し。取り忘れ。ドアの底の塗り残し。

リアフェンダーは、2トーンなんですが、やはりそのキワがちょっと雑でした。

あら?結構あるな。

 

前評判で、すごい上手と聞いていたので

やっぱり上手い人の仕事!という目で見てしまっていたんですよね。

信用にも似た感じで。

でもよく見てみると、結構粗が目立つような仕上がりでした。

 

何が言いたいかというと、思い込みは失敗の元だと思うんですよね。

自分の仕事に置き換えてみると分かりやすいんですけどね。よく言う

「やってるつもり」

というやつです。

自分ではやってるつもりでやれてない。

出来てるつもりで出来てない。コレも一つの思い込みです。

この思い込みで仕事をすると、思わぬ失敗を招くことにも繋がります。

塗り残し、色んなチェック漏れなど。

 

今回のハスラーの仕事では、丁寧な塗りを見せていただいて

とても勉強になったんですが、それ以上に

思い込みで仕事を見ると、小さな粗を見逃すぞということを

改めて思い知りました。

今後、自分の仕事に置き換え、第3者の目線で客観的に自分の仕事を見て

上達を目指そうと思います。

今回は、ホント良いものを見せていただきました。

感謝。

 

-スバル, ダイハツ, ホンダ, 未分類, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.