料金を安くしたい 自動車塗装日記 鈑金塗装の料金

自動車塗装の安上げの作業とは?

投稿日:



愛車で事故を起こしたとき、ちょっと擦ってしまったとき、

鈑金塗装屋、カーディーラー、整備屋、中古車屋など

馴染みのある店に持って行ったり、またはネットで調べて

最寄りの工場へ行く人も多いと思います。

 

このような一般のお客様が飛び込みで来られた時、

保険で修理する場合は特に何の催促や希望も聞きませんが、実費で直す場合、

ほとんどの皆さんが

『適当でいいから、とにかく安くしてくれ』

と言われます。

この気持ちは、ホントよく分かります。

鈑金塗装の代金は本職の僕も思いますが、本当に高いです。

例えば、フィットの新品のドア1枚でも3~4万はしますし、

少し叩いて、ちょっと塗っただけで、5~6万円くらい軽く掛かりますからね。

その月の出費として考えると、ちょっと無理な金額になりますよね。

 

そこで提案するのが、街工場お得意の『安上げ』作業です。

このブログでもしょっちゅう出てくる言葉なんですがこれは文字通り

お客様の出費を押さえるために、店側が損をしない(時にはしますが)程度に値を下げる

作業方法です。

 

ちにみにこれは、町工場のみ出来ることで、ディーラーでは行っていません。

また、中古車屋や、整備屋など、本来の仕事ではなく外注に出し、

そこでマージンを取っているような店では、値引きの幅は減るので参考までに。

 

では、具体的な例をご説明します。

 

安上げ作業とは?

安上げ作業とは、お客様の希望により、

部品代や工賃を含めた修理料金、お客様が支払う金額を抑えて行う作業のことを言います。

そのため、部品の交換や鈑金塗装の作業の内容が、

保険修理や、その他一般の値引きを希望されないお客様とは違ったものになります。

その内容については、車種や色合い、事故のダメージの程度によってそれぞれ違うため、

決められた一定の料金というものがありません。

すべて実車を見てからの見積もりとなります。

このような理由から、安上げを希望されるお客様には、一度『見積もり』という形で

来店していただく必要があり、電話での料金の提示は正確性に欠けるため

対応できない店がほとんどです。

 

安くあげる作業内容

では、実際にどのようにして安くあげているのかをご説明していきます。

この内容については店によって異なるので、1例として捉えておいてください。

 

中古パーツを使用する

自動車リサイクルパーツの大手企業 ビッグウエーブをはじめ、多くの解体屋が

中古車から使えるパーツを取り出し、販売しています。

その他、UPGARAGECrooooberヤフオク でも、いろんなパーツを出品しているので、

こちらの方は、プライベーターの方なら利用されたことがある人も多いと思います。

中古パーツは、新品パーツよりも値段が安く、もし探している段階で同色のものがあれば、

塗装代を浮かすことが出来ます。

もちろん、中古なので多少の傷や色のズレはありますが、もし気になるようなら

そこから塗装をすることも可能です。

色違いの場合でも、裏表キレイに塗装して仕上げます。

 

中古パーツの持ち込みについて

 

中古パーツで部品代を抜いている店は嫌いますが、

パーツの持ち込みは大体どこの工場でも受けています。

ただ一つ注意して欲しいことがあって、それは、

持ち込んだパーツにキズや凹み、錆があった場合

その修理費はお客さんが負担することになります。

これが鈑金屋で取ったものなら、部品の修理代は無料でやってくれます。

なので、もし今から鈑金に出すという時に、少しでも安くしようと

パーツの購入を考えているなら、やめておくことをオススメします。

値段も変わらないですし、購入の煩わしさを考えたら

鈑金屋に任せていたほうが絶対にいいですよ。

 

交換が必要なパーツでも叩く

本来なら交換が必要な箇所を叩いて修復します。

その場合、正確に直すことは難しく、歪みが残ることになります。

『ドアが閉まればそれでいい』

『室内に雨が入らないならそれでいい』

など、ぱっと見が良くなる程度の直し方です。

この場合、塗装は普通通りに行うので、歪みが残る状態で、塗装していくことになります。

 

 

材料費や時間を節約する

これは店によってやり方が変わるので一概には言えないのですが、

工賃が減るために、通常の仕事と比べて様々な所を削っています。

 

まずは材料費。

塗装の場合、どんな作業をするにしても、消耗品を使います。

テープ、紙、パテ、塗料、コンパウンドなど、すべて消耗品です。

手をかければかけるほど、これらをたくさん使うので

例えばパテを2回付けて決める所を1回で終わらせたり、

クリヤーも乗せる回数を減らしたりします。

 

そして作業時間。

安上げの場合、例えば1日かけて仕上げる仕事を

同じように1日かけてやっていては儲けになりません。

これを単純に作業スピーでを上げるだけではなく

材料や工程を減らすことによって、補っていきます。

 

結局どういうことかと言えば、普通の料金で仕上げるよりも

精度は落ちるし、少し雑な仕上がりになります。

なぜこうなるかというと、店側が値段による仕上がりの調節をするためです。

 

もし、安上げの料金できっちりと仕事をこなせば

そのお客さんは、次も『安上げでやってくれ』と必ず言ってきます。

そうなると結局通常料金が取れなくなり、その結果、店が儲かりません。

 

そうならないために、料金による仕上がりの差別化をすることによって

バランスを保っているというわけです。

 

まとめ

今回は、要点をまとめて安上げについて説明しました。

今、飛び込みの一般のお客様の仕事は安上げが本当に多くなっています。

それは、ウチが小さな町工場ということもあるだろうし

それ以前に世の中が不景気だということも関係しているんでしょうね。

 

町中を走っているクルマや、駐車場のクルマを見渡してみると

傷ついていたり、凹んだまま乗っていたりと

そういったクルマが本当に多いです。

その中には、筆差しで誤魔化していたり、自分で塗ったんでしょうね、

缶スプレーでつや消しのように塗っているものも見かけます。

 

そういう人に、僕は安上げの作業をオススメしたいですね。

 

例えばバンパーの角がボコっと凹んでいたとしたら

反対から押して、サッと塗って1万円とかでも十分受けれますし

まずは見積もりだけでもやってもらう価値はありますし、

『○万円しか予算がないんですけどコレで何とかなりませんか?』

的な相談をするのもありだと思います。

 

何の繋がりもない店に、初見では言いにくいかもしれませんが、

実は店側は、こういったお客様には慣れていたりするので、

丁寧に対応してくれたりもします。

もちろん、ムチャクチャ安い金額を提示すれば門前払いを食らいますけどね。

 

そういうわけで、通常の作業だけではなく『安上げ』という作業方法があり、

店との相談次第では、安価で愛車を修復する方法があるということを

覚えておいてくださいね。

-料金を安くしたい, 自動車塗装日記, 鈑金塗装の料金

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.