ダイハツ 自動車塗装日記

自動車塗装日記#114 日焼けした色の調色と塗装2

投稿日:



いちころです。

 

ソリッドの日焼けした色のクルマが入庫した時は、、

大体共通してボディが汚れています。

それはもう、いろんな汚れが付いていて、鉄粉やら泥やら、もう真っ黒です。

そういった汚れは、洗車してもあまり落ちず、コンパウンドで擦ることになります。

すると、ちょっとめんどくさい事になりかねません。

それは、こういった日焼けした色というのはちょっとコンパウンドで擦るだけで

簡単にめくれてしまうということなんですね。

ちょっとキツい汚れをゴシゴシ擦っていて、あ~、もうちょっと残ってるな、と

思っていたら実はそれは下が出かかっているだけで、そのまま擦って下が出たとかね。

角なんて、足付けしているだけで出る場合もあります。

それくらい、日焼けしてダメージを受けた塗膜は弱いんですよね。

これは体感なんで、実際にどうなのかは分かりませんが、

クルマの塗膜の厚みって、何か場所によって違う気がしませんか?

例えば、内板なんてめちゃくちゃ薄いですよね。

ステップの角なんて、ちょっと擦っただけですぐ下が出たりしますし。

そんな感じで、なんかね、ボディも真ん中辺は分厚く、上下は薄い気がするんですよ。

というのも、今回の足付けで、同じ様に擦っていたのに

真ん中は大丈夫だったんですが、下は出してしまったんですよね。

もうね、ホントやりにくい色です・・。( ´Д`)=3

 

と言っても、やることはやらないとなんで、昨日の続きからやっていきます。

では、今日の作業はコチラ。

はい。タントの続きです。

外板パネルは、ボンネットとフロントバンパーは中古に交換です。

コレもちょっと程度が悪くて、要補修でした。

フェンダーは、ちょっと押されてて、少し凹んでいました。

これらの補修も済み、サフまでは終わらせています。

そしてコレですね。

昨日は調色の途中で、時間切れでした。

今こうして見てみると、すごい黒緑ですね。ホント真逆という感じです。

ということで、今日はここからの作業になります。

もう、入れる色の目処はついたんで、後は寄せていくだけです。

ここでまず、どちらの色から行くか・・。

皆さんならどうします?

 

僕の場合は、まずこの緑味を消します。

というのは、白を先に入れてしまうと全体的に色が戻ってしまい、

色味の目処が立てにくいんですよね。

なので、先に色味を合わせておいて、白で黒みを抜いていくやり方で行きます。

 

1回目。

赤というか、入っているのはオレンジなんですがほんのちょっと足した状態です。

結構寄りましたね。写真で見ると、まぁまぁ行けそうな感じですが

実際に見て見ると、時間が経つに連れて黒っぽくなってきました。

 

僕的に黄色の調色で難しいのが、この色の変化です。

たとえば、強制乾燥させると赤くなってしまうし、半乾きだと色が登ってきて時に

全然違う色になってしまいます。

なので、黄色に関しては僕の場合は自然乾燥をさせています。

時間は掛かりますが、コレが1番良かったんでね。

続いて2回目。

色味はいい感じです。パっと見の色合いがいい感じですね。

ただ左のサフの向こうの色と比べると、まだまだ濃いですね。

ここからは白で寄せていきます。

 

3回目。

色を入れて寄せています。

フェンダーの色と比べるとちょっと白いですが、ドア側はまぁまぁいい感じですね。

ドアでぼかす事を考えたら、もう十分です。

フェンダーは1枚塗ってしまいますしね。

光の加減もありますが、こう見るとフェンダーは白く、ドアは黒っぽく見えます。

塗装歴はないんですが、これも日焼けの影響みたいですね。

そして注意してみていくお、フェンダーとフロントドアは塗装歴がなかったんですが、

スライドから後ろは塗っていました。

ブツが付いていたし、クリヤーコートしてるんで、色は抜けていますが肌が違います。

ちょっとコンパウンドで擦るとピカピカになったので、

今回のクリヤーもこのスライドに合わせて行くことにします。

 

足付けしていると、こんな感じで黄色が付いてきました。

クリヤーコートしているものを擦れは、当然白くなるんですが、ベースが付くということは

削り過ぎたら下が出るで!ということなんですよね。

この角の所なんてすが、ちょっと色が変わっているのが分かると思いますが、

こんな感じで薄くなっていきます。

これ以上行くと、黄色がめくれて下色が出てしまいます。

ということで、気をつけながら進めていきます。

 

ドアの方は軽めに当て、あとはスコッチで汚れ落としと同時に足付けも終わらせました。

乾燥後、ブースでマスキングをして行きます。

 

はい。マスキングが終わりました。

ボンネットは外していけると思ってたんですが、クルマをいれてみると

全然余裕がなかったんで、付けて塗ることにしました。

下準備も終わっているので、早速塗っていきます。

 

ベース1回目。

作った色がちょっと少なめだったんで、適当に混ぜた色を塗ったんですが、

それでこれだけ合いました。

・・・いや、もうこれで合ってるやん?くらいの寄り方ですよね。

フェンダーのみブロックで塗ってるんですけどね・・。

ま、よ~く見たらちょっと緑なんですが、これだけ寄れば上等なレベル。

下塗りとしてはもう上出来です。

乾燥後、ブツ取りをして調色したベースを乗せていきます。

 

ベース2回目。

アンダークリヤーをドアにダブルコートで塗り、ボカしまで行きました。

もう2回目で十分に隠蔽したので、コレで様子見です。

指触乾燥後、塗り板で合わせてみると、色を再現できていたので

これでベース終了です。

 

はい、クリヤーを乗せました。

隣接パネルの色が色あせているので、本来ならそれに合わせて

艶を控えめにするんですが、スライドと右のドアは塗装歴があり、

クリヤーも塗っていて艶がある状態だったんで、今回は通常通り艶を出していきました。

垂れもなく、黒点もなし。

ブツはちょっと付いてますけどね。まぁOKの範囲です。

乾燥後、外に出して色を見てみます。

 

ん~。まぁ、OKの範囲。

厳しく見ると、若干塗った色の緑味が強い気もしますが

変色した色の調色ということで、コレで行きます。(すいません

 

ちなみにこのクルマ、保険で、全損で30もないと思うんですけど、

見積り金額はいくらなんやろ?

中古パーツを使っているとはいえ、まぁまぁの値はすると思うんですけどね。

 

とりあえず乾燥後、組付けに回して完成です。

 

今日の作業はここまで。明日もがんばりましょう

お疲れ様でした。(`・ω・´)ゞ

 

-ダイハツ, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.