雑記

不安材料

投稿日:



いちころです。

僕が今の現場に来たのは一昨年の9月。

1年8ヶ月前。まだ2年にもなっていません。

そんな僕に、『この会社を借りてやらへんか?』という話が来たのは

2ヶ月前です。

最初は『いやいや。そんなん無理やろ』と思っていたんですが、

日が経つごとにだんだんと『やってみたい』という気持ちが湧いてきて、

何の計画も資金もないのに、『やります!借りたいです!』と返事をしてしまいました。

 

実際の不安材料・・というか、もう不安しかないのですが

まずは経営の話。

昔は身内で自営をやっていたんですが、それでも経営に関してはそこまで

積極的には関わっておらず、どちらかというと現場人間でした。

難しいことや外回りはオマエらにまかす。仕事は任しとけ、みたいなね。

それでも全く関わらなかったわけではないので、

月末の集金の怯え、銀行の残高など、胃が痛くなるほど悩むことはなかったですが、

商売の厳しさは知っていました。

コレをオレがやるんか・・・。となった時、もう不安しかありません。

『どうとでも、自分の好きにしていい』

というと、何か気楽に聞こえるかもしれませんが、

何の方向性も決まっていない現状で、目標金額だけはきっちりと出ている中、

コレほど怖いものはありません。

 

次に仕事の話。

僕は塗装屋なので、鈑金は全くと言っていいほど出来ません。

それをどうするのか。

実質2人で回していく現場(と言っても、職人は僕一人)で、

どういった方向でやっていくのが1番効率よく回していけるのか。

まず、修正機を使うような大きな事故は、あまり向いていません。

それは時間がかかる割には、さほど大きな儲けが得られないからです。

そうなると、軽板金の塗装で取っていくほうが、結果的に売上が上がります。(本社データ)

方向性が決まれば、やることが決まってきますよね。

といっても、一人で出来る仕事量なんてたかが知れています。

『オレは1日2台塗れる!』

という人がいたとして(実際いそうですが)、それを毎日続けられるかと言えば

それは難しいところだと思います。仕事の内容にもよるでしょうけどね。

で、まぁそれをやろうかな、と。

現場はすごい田舎なので、0時を回ってブースを回すことは流石に響くので無理ですが、

それでも遅くまで作業することは出来ます。

これが、雇われで会社のため、お客さんのためとかになったら苦行でしかないですが、

その中に『自分のため』が入ったら話は別です。

体を壊さないように、頑張るだけです。

相方は料理上手なので、それでも助けてもらってますしね。

 

最後に得意先の話。

今皆さんの現場はどうですか?

やってもやっても次から次へと入庫する様な現場なら、

それは経営者や、その他スタッフが優秀な証拠です。

中には安値で引っ張ってくる現場もあるかもしれませんが、それでも

仕事がないよりは全然マシです。

ですが実際の所、鈑金塗装屋は儲かっていないところがほとんどです。

個人経営であっても、たたむ工場も多く出てきているのが現状です。

大世帯の所は特に厳しいでしょうね。

ウチはというと、正直言って入庫は結構ある方だと思います。

Twitterにも上げていますが、あれ以外にもちょくちょくあり、

これから先を考えても、ちょっと仕上げるのには時間がかかるほどの入庫量はあります。

・・が、儲かっているかと言えばそうでもありません。

今までで言えば、ちょっと上がったな~と思っていても、必要経費が高いため

あんまり残らないのが現状のようです。

その中でもやはり高いのが給料ですよね。

ウチは2人で、相方はパートみたいなものなので、そこはほとんど問題はないんですけどね。

少人数の現場の強みですよね。そこだけですが。

 

で、結局は得意先を増やしていくしかありません。

1件に依存せず、少ない儲けでもいいので、なるべく多く散らすことによって

数で行こうと思っています。

そのためには、毎日の営業。

その辺を相方の運転で走っているときでも、『お!ここや!』と思ったところには

ガンガン営業をかける。

ほとんど断られますが、気にせず行くしかありません。

 

色々書きましたが、実際には動いてみないとわからないことが多いので、

正直言って今悩んでも仕方がないことばかりです。

もちろん、やるべきことは前もってやっていきますが、

ここまで来るともうビビっていてもどうしようもありません。

というか、そういう所まで来てしまいました。

お金も払ってしまいましたしね。

 

気の強い人なら

『自信を持ってやったらええねん!』

とか言いそうですが、その自信ってなんやねん?どこから来るねん?と聞きたいところです。

正直言って、成功させる自信なんてありません。

 

『そんなグチグチいうなら止めとけや』

というようなことも言われましたが、やかましわ!ボケ!で話が終わりました。

 

もう何か、そんなことは置いといて、ほんとやるしかない状況になりました。

おそらく僕の人生の中で1番本気の時期です。

 

数カ月後、この記事を読み返したとき、僕がどう思うのか。

もうどうにもならない状況なのか、割とやれているのか、

全く想像がつきませんが、とにかく本気で、全力で取り組みます。

 

-雑記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.