自動車塗装日記

自動車塗装日記 #1 VWのバンパー塗装で問題発生

投稿日:



いちころです。

 

ありがたいことに、ここ最近はたくさんの仕事をいただき

忙しくさせてもらっています。(泣きが入るほどに・・・

では、11/15 の作業はコチラ

 

はい、フォルクスワーゲン ゴルフのリアバンパー交換です。

 

VWのクルマのバンパーを交換するとき、その新品パーツには

キレイにサフェーサー(プライマー?)が塗装されているんですが、

僕的にこれがちょっと問題があるんですよね・・。

 

というのも、ここのディーラーから初めて仕事を頂いたとき、同じくゴルフの

リアバンパー交換作業(赤)だったんですが、そこでちょっとやらかしてしまたんですよ。

国産の新品パーツには色付き(外装色)、サフェーサー仕上げと素地があり、

素地のものは下処理(プライマー+サフなど)をするんですが、

サフ仕上げのものは、僕の場合サッとペーパーを当てて塗ってしまうんです。

ゴルフのバンパーを見たとき、写真のようにキレーにプライマーを塗っていたので、

なんの疑いもなく、国産サフ仕上げと同じように塗りました。

で、塗装→乾燥→磨きまでは問題なくいけたんです。

ですが、さぁ明日納めよかという前日の晩、どえらい問題が発生していました。

 

それは通称『浮き』と言われるものなんですが(正式名称忘れました)、

プツプツと、小さなイボのように、ピンホールの穴がまだ空いてません!みたいな感じで

所々にそれらが沸いてきたんです。

通常、ベースのシンナーっ気が十分に蒸発していない場合(乾燥時間をあまり置かず、塗り重ねたとき)、

油分で弾いたような感じになることはあったんですが、それだと乾燥した時点でもう目視できます。

ですがこの時は磨きまで行ってもなんともなかったのに、時間差で浮いてきました。

その時は脱脂したときのシリコンオフが、きっちり乾燥していない状態で塗ったんじゃないか?

ということになり(エアブロー・クロスで拭き取るのでそんな訳ないんですが)、

手直しして終わりました。

で、また別のクルマでバンパー交換があり、今度は脱脂にも気をつけて作業したんですが、

また同じ様な症状が出てしまいました。

んじゃこりゃ?となり、今度は専務が塗装し直したんですが、やはり同じように

プツプツは出てきたんですよね。

よその塗装屋の人にも聞いてみたんですが、

『別にそんなことにはならん、サフの上から普通に塗って問題ないよ?』

ということでした。

また別の日に、今度はべつのお得意さんからゴルフのバンパーの交換作業が入ったんですが、

このバンパーは素地だったんで、下処理してサフを塗って仕上げたんですが、

これはなんともなく仕上がりました。

『コレ、なんか塗料が合ってないんちゃうか?』

と、とりあえず仮定して次の作業からは、プライマーの上からサフを塗ることにしました。

 

はい。サフ塗り終わりです。

ココから先は普通に仕上げていきます。

ちなみにこのクルマの色は、通称『白メタ』と言われるもので

メタリックに白が結構な割合で入っているような色で、パット見はパールみたいに見えます。

配合はこんな感じ。

では調色していきます。

写真で見るとバンパーが若干濃く(黒く)見えますが、実際はボディよりも

少しだけ白っぽくなっています。

このバンパーの色をボディに合わせるか、もとのように白っぽく仕上げるかは

ケースバイケースになります。

今回は、ボディとバンパーの中間という指示を受けたので、元より若干濃いめで調色しました。

色が完成したので早速塗装していきます。

 

はい。問題なく塗り終わりました。

タレ、大きなブツもなし。サッと磨いていけそうな感じです。

写真で見たら色が反転して見えますね。

本当は若干バンパーのほうが白っぽかったんですけどね。

これで最終チェックして完成です。

 

次の作業はコチラ。

アクアのフロントバンパーの修理です。

このクルマはレンタカーで、レンタカーというのは基本安上げです。

最初の指示では『半分塗って』ということでした。

ギアで削ってサフ仕上げ。

で、調色していると専務が『角で切れそうですよね?』とか言い出し

急遽予定変更。小範囲で抑えることになりました。

 

こんな感じです。

では早速塗っていきます。

 

ベースを塗り、クリヤーはこのあたりで止め、あとは様子を見ながらボカしていきます。

 

肝心の最後がちょっとピンボケしてますが、ラインが入ることはなく

磨けばOKの範囲で仕上げることが出来ました。

とりあえずこれで完成です。

 

まとめ

ゴルフのバンパーは、ホント苦労しました。

あのプツプツ沸いてるのは何なん?何でこうなるん?

と僕に聞かれても分からんとしか言えないしね。

普通に塗ったらこうなった、みたいなね。

そうなると、普段の塗り方がどうとか、下処理がこうとか、ちょっとずれた話になってくるので、

ほなサフ行ったらええんちゃうの?となり、実際にサフで仕上げたら問題なく仕上がった感じですね。

実際の所、ほんとに理由が分からなくて、こうするしかないのが現状です。

それで問題解決してるので、とりあえずはコレで行こうか、といった感じですね。

アクアはレンタカーで、とにかく安上げ。

実際の見積り金額を見ても、数時間で仕上げないと赤が出るような金額なんで

もうとりあえず早く仕上げろ!とケツを叩かれてるような感じで。

カッコが付いたらもうそれでええ!ってクルマあるじゃないですか?

磨きナシで仕上げるような。あんな感じです。

 

とりあえず今日はここまで。

明日もがんばりましょう。お疲れ様でした

(`・ω・´)ゞ

 

-自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.