自動車塗装の日々の試行錯誤の様子や、DIY情報を書いています

自動車塗装 いちころペイント.net

呑み雑記 自動車塗装日記

自動車塗装 いちころ呑み雑記 16杯目 え?金?ゴールドですか?

投稿日:



いちころです。

ご存知のように、クルマの外装色は数え切れないくらいの種類があるんですが、

大体似たり寄ったりというか、変ではない、そのクルマに合った色が塗装されています。

最近では、プリウスやシエンタにすごく冴えた緑なんかもありますよね。

数年前では、クラウンやヴィッツなどでピンクもありました。

売れたかどうかは知りませんけど、やはりタマ数が少ないのか、

1回しか触ったことがないんですけどね。

 

そんな中で今回作業したクルマの色は、タイトルにもある通り

『ゴールド』

です。はい、金色です。

僕も長いこと塗装屋をやってますけど、ゴールドは2回くらいしかやった記憶が無いんですよね。

ロードスターにゴールドっぽいのがありますが、あれはどちらかといえば

オレンジに近いもので、案外ああいう色は塗りやすいんですよ。

今回のは、ガチのゴールドです。

 

今日の酒は・・・コーヒービール!

聞くところによると、黒ビールのようなコクが味わえるらしいです。

コクってなんやねん・・?

早速作ったんで、コレを呑みながら書いていきます。

 

はい、では今回の作業するクルマはコチラ。

 

はい、もったいぶりましたが、VWゴルフのリアフェンダーの鈑金です。

キレーーーなゴールドですよね。

見た瞬間、

『うわ!金やん。どこやるん?』

となり、いつものように先輩と譲り合いです。

ですがこれはVWのディーラーの仕事なので、暗黙の了解で僕の作業になります。

専務も僕に作業内容を話し出すし・・・。

うわー、まじかー、出来るかなー?ってのが最初の気持ちでした。

なにせ、今まで2回位しか塗ったことがなく、それも何年も前の話です。

でもま、やるしかないんで早速作業していきます。

 

傷自体は小さなもので、このパテ部分のラインのところが

ちょこっと凹んでいる程度です。コレは全然問題ありませんでした。

 

はい、ちょっと飛ばしまして、サフ~足付け・マスキングまで終わらせました。

このクルマ、リアフェンダーとリアドアの色がちょっとズレていたんですよね。

リアフェンダーのほうがちょっと濃かったんですよ。

だから最初専務に

『いちころさん、これブロックでいけるっしょ?』

・・・・・いけるか!( ゚д゚ )クワッ!!

そもそも色が合うかも分からんわ!って合ったんですけどね・・。

 

あ、そういえば調色なんですが、コレが思いの外すんなり合って、

といっても、最初のデータは全然ズレていたんですか、少し色を足すだけで

グーンと寄っていったんですよ。

多分、5発も行かなかったと思います。

だから調色自体は結構早かったんですよ。

 

・・・はい、では早速塗っていきましょう

 

レベリング(ボカシ剤)を塗布後、ベース3回+ボカシ1回です。

ええんちゃうの?いや、これええんちゃう?

この色は隠蔽性がいいので、留まる事は分かっていたんですが、

心配していたのはムラです。

下の色(ベースのメインの色)が緑のため、なんかこう、虎柄みたいにムラになるんちゃうかと

最初、3人(僕・先輩・専務)と話していたので、ちょっと心配だったんですが、

実際、全然問題ありませんでした。

・・・、おkですよね?見た目・・?

リアドアの左端が黒っぽいのは、ココにアールがあるためで、ムラではありません、念の為。

指触乾燥を待って、クリヤーを乗せていきます。

 

はい、クリヤーを乗せ終わりました。

・・・・全然問題なし。なんかこう、心配するほどでもなかったですね。

でも、それだけ注意して注意して塗装したので、仕上がりは良いものになりました。

 

ちなみになんですが、僕のクリヤー用のガンは口径が1.5です。

1.4が主流なんですが、こちらの肌のほうが好きなんで好んで使ってる感じですね。

 

塗った感じ、1.4と1.5でどんな違いがあるかというと、

これは当然なんですが、塗料の付着率が違います。

一言で言えば、

『めちゃくちゃ出て、ごっつくっ付く!!』

 

・・・・えー、たくさん出て、沢山くっつく感じです。すいません。

 

これはもう分かると思いますが、口径が大きい分、沢山塗料が出るので、

塗装面に沢山塗料が乗ります。

これは、塗料の減り具合を見ても明らかで、吐出量を絞っても、それでも

1.4よりもたくさん出ます。

 

するとどうなるか。

 

塗った後の塗料の伸びがすごいんですよ。

1.4の感覚で塗れば、結構な割合で垂れます。

沢山塗料が乗っているので、それは当然ですよね。

 

ですがその伸びを計算に入れて塗れば、良い膜厚のきれいな肌を作ることが出来ます。

もちろん、1.4でも作ることは出来るんですが、これは好みで分かれるところですよね。

 

もし機会があるなら、試しに1.5を使ってみてください。

ちょっと笑ってしまうくらい出るんでw

 

 

まとめ

今回は、ゴールドの塗装をしました。

前評判(自社の)では、

『絶対トラ柄になるって!』

と言っていたんですが、なんにもビビることはなく

普通に塗り上げる事ができました。

 

ただ、調色の時のデータがあまりなく、

この色で2色しか無かったんですよね。

で、そのうち1色が、要シタヌリで、メタリックオレンジという

名前の通りオレンジメタリックが沢山はいっていたんですが、

いざ塗ってみると、

『コレ、何のクルマの色やねん?』

というくらいズレていて、全く話にならなかったんですよ。

 

で、今回合わせた色はもう1色のほうで、それでも結構なズレが有ったんですが、

ご覧の通り、無事仕上げることが出来ました。

 

やっぱりアタマからビビったら駄目ですよね。

ガンガン行かんと。

この調子で明日もがんばります。

 

あ、今日はルミオンを仕上げたりしたんですが、

昨日休日出勤して塗ったシエンタ。あれ、フロントドアのバイザー交換だったんですよ。

で、そのバイザーのところでボカシてるもんだから、取れば当然キワが出ますよね?

こんな感じ。

先輩『バイザー交換やったわ。これは塗らなアカンわー(棒』

・・・・・先に取っとけ!

 

これももう塗り直したんですけどね。

あ、今日の作業はツイッターにも上げましたけどこれ。ルミオン。

そこそこ、問題なく仕上がったんですが、

ボンネットにちょっとムラがいるようないないような・・・

角度によって、ちょっと分かる程度なんですけどね。

明日確認します。

 

 

今日はココまで。明日もがんばりましょう。

お疲れ様でした∠(`・ω・´)

 

コーヒービール、あんまり好みじゃなかった・・・(´・ω・`)

 

-呑み雑記, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.