マスキング マスキングシート(養生紙)

DIY自動車塗装 楽に隠せるマスキングシート

投稿日:



 

いちころです。

DIYで自動車塗装をする時、結構安易に考えられがちなのが

マスキングです。

よく見るのが、塗装する隣接パネル(隣のパネル)のみ、

新聞紙1枚程度隠してハイ終わりみたいなね。

タイヤなんて先ず隠さない。ガラスも同様に。

 

やったことがある人なら分かると思いますけど、

こんなマスキングをしてたら、もう後でエライ目にあうんですよね。

もう、ボディ半面がザラッザラ。

それを落とすのも一苦労なんですよね。

 

『そんなもん、シンナーで拭いたら1発やん』

って思いました?

じゃ、プラスチック素材や樹脂なんかもシンナーで拭くんですか?

それこそ1発で溶けますよ?

特にピラーカバーや、モール類など、艶消し素材や

凹凸のあるものなんてキレイには取れません。

 

こうならないために、マスキングというのはすごく重要なんですよ。

僕たちの作業でもそれは同様で、マスキングをミスすると

仕上がりに大きく影響します。

舐めてかかってたら、手痛い失敗をするのが、このマスキングなんですね。

 

今回は、オススメのマスキング用紙の紹介です。

 

マスカー

まず、1番最初にオススメしたいのが、このマスカーです。

車両用 養生 マスカー 紙 550mm×35m(マスキングテープ付き)
この養生紙は普段僕も使っているもので、小さく使い勝手もよくて助かっています。

シングルとダブルがあり、

シングルは300mm ダブルは500mm。

端にテープが付いていて、切ればそのまま貼り付けられるので

マスキングテープの節約にもなります。

使用例はこんな感じです。

フェンダー1枚程度なら、こんな感じで使うことが出来ます。

隣接パネルには、マスカー1枚しか貼っていませんが

それでも塗料が浸透することはありません。

 

これは塗装方法によっても違うかもしれませんが、

ベース3回、クリヤー3回乗せの場合、まず浸透したことはないです。

それは、50mmのテープをベタッと貼っているというのもあるかもしれませんが

そこそこ耐えてくれます。

ヘッドライトなど、心配な部分はダブルを伸ばさずに2重にして使うことで

強度を増すことも出来ます。

なにより、シングル600円、ダブル750円と、値段も安い。

これさえあれば、楽にキレイに隠すことが出来ますよ。

養生シート

余裕があるのであれば、養生シートを使えばもっと楽に隠すことが出来ます。

デンサン 電工養生フイルムシート SSR-2100

 

さっきのマスカーは、塗装面の隣接パネルに貼るものでしたが、

この養生シートは、縦2m,横は必要な分だけ広げることが出来るので、

隣接パネルはもちろん、広範囲のマスキングに適しています。

ちょっと分かりにくいですけど、これは両側面の塗装で、

ボンネットからゲートまで、一気に隠している状態です。

 

スプレーガンでもエアゾールでも、実は塗料は結構広範囲に飛んでるんですよね。

フェンダー1枚塗ったら、リアフェンダーくらいまでは軽く飛びます。

塗料が飛ぶと、乾燥・硬化後、ザラザラになってしまうんですよ。

こうなると、コンパウンドで擦るか何かしないと、キレイに取り除くことは出来ません。

なんで、ほんのちょっとの塗装でも、広範囲を隠すことをオススメします。

 

まとめ

自動車塗装で、マスキングというのは仕上がりの良し悪しを左右する、

とても重要な工程です。

今回紹介した、マスカーや養生シートを使わなくても、

新聞紙やシートカバーを使って塗装することももちろん可能です。

実際、プロの塗装屋でも工場によっては新聞紙を今でも使ってますしね。

僕も前の工場では使ってましたし。

ただ、新聞紙というのはとても吸い込みの良い紙なんですよ。

例えば灯油とかをこぼしてしまった時、新聞紙に吸わせたりしませんか?

スゴイよく吸いますよね?

それと同じことが、マスキングで新聞紙を使った場合、起こってるんです。

 

『オレは染みたことなんかない!やり方次第や!』

といわれれば、もちろんその通りですし、重ねて貼れば

浸透を防ぐことも出来なくはありません。

マスカーも、いくら塗っても浸透しないわけじゃないですしね。

 

ですが僕は、やはりマスカーを推します。

その方が確実なんですよ。

新聞紙って、浸透したら文字がボディに写るんですよね。

それが取れればいいですけど、完全硬化してしまっていたり

隣接パネルが塗装歴アリだった場合、取るのが非常に面倒な上に

下手をしたらボディに傷が入ってしまったりして、

余計な手間がかかることもあるんですよ。

 

サフとかチッピングとか、あとはプライマーですね。

そういうものなら新聞紙でも問題ないんですが、

クリヤーを乗せる場合は、マスカー、養生シートを使うことをオススメします。

やっぱり、せっかく塗るんならキレイに仕上げたいじゃないですか。

値段もそんなに高くないしね。

 

 

 

-マスキング, マスキングシート(養生紙)

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.