雑記

繰り返し同じ失敗をしないやり方について

投稿日:



いちころです。

どんな仕事でもそうだと思うんですが、

同じ失敗を何度も何度もする人っていますよね。

ま、僕もそうだったんですけど。

 

例えば、僕の場合でいうと細部の塗り忘れがスゴイ多くて

フェンダーの耳、バンパーのキワ、ボンネットの角、

釣った時のパネルの下側など、あらゆる細部を塗り残しが多かったんですよ。

そのたびに怒られて、すべて塗り直し。やり直し。

『おまえ、性格が雑すぎるねん。塗装屋に向いてないわ』

と何度も言われていました。

それくらい下手やったんすよね、僕。

 

で、やっぱ腹立つんで、何とか失敗しない方法をあれこれ考えたんすよ。

それが『メモを取ること』なんですよね。

今回は、僕のミスが少なくなったメモについて書いていこうと思います。

 

1番失敗しない方法って?

色々考えた末に、コレが1番やろ!と思ったのが

『上手い人に指摘してもらう』

ことなんですよ。

要は、作業している時に抜けている所があったら指摘してもらう。

教えてもらってる時って、こんな感じですよね?

コレが1番やろうと。

 

でも、そんなこと誰がしてくれるのかって、誰もしてくれません。

当然ですよね?みんなそれぞれ、作業してるわけですから。

 

そこで必要になってくるのがメモです。

『オレは覚えてるから大丈夫!』

って?いやいや、メモを舐めたらダメっすよ。

 

例えばバンパーを塗って、耳のキワの塗り忘れを改善しようとした時、

先にメモをとっとくんですよ。予め、自分は何をミスっていたかということを。

細かく。できるだけ詳細に。

で、改善策を考える。

最初に色を決めてしまう、ベース塗り終わり後、ブースを暗くして電気を当てて見る。

ベースの乗せ方を変える。下塗りを先にやってしまうなど。

それをしっかりメモに書き、しばらく眺める。

自分の出来ていない所を文字で書き、見ることによって

頭で考えている時より、明確に自分の作業のミスを理解できる。

そして作業する。成功させる。

 

これなんですよね。

 

そしてこの作業の目的は、改善した作業工程の習慣化です。

言い換えれば、今までの悪い習慣をやめて、改善した新しいやり方を

これからの習慣にしてしまおうというということです。

 

習慣化するとどうなるかと言うと、例えば改善しはじめの頃は

やっぱりちょっと抜けかけたりするんですよ。

でも、メモを取り、自分のミスを知り、改善策を考えて作業した場合、

抜けかけたら、自分の中でブレーキがかかるんですよね。

一瞬止まるというか。『ん?』って。

何かこう・・分かる人には分かってもらえると思うんですけどね、

なんかおかしい、抜けてないか?って。

それこそ、上手い人に教えてもらってる時に、

『おい、今確認したか?』

って指摘されるような感じっていうんですかね。

その指摘を、自分で自分にやってるような感覚なんですよ。

 

いや、別に2重人格でも中二病でもなんでもない・・・つもりですけど、

言葉は別にして、ブレーキがかかるのはホンマです。

そのままでは行けない、コレではアカン!っていうブレーキ。

 

ベースを乗せ終わった時、細部まで神経質なほど確認し、

色ゴミ(ベースに噛んだベースの塊やブツ)を見る。

 

メモを取る前は結構見逃していたものが、

理解、改善をすることによって、そのままでは行けなくなる。

必ず見つけ、削り、塗り直す。

 

当たり前のことって?

そういう人は、それでいいと思います。

 

でも、僕のようにそうでない場合。そうでなかった場合。

そういった細かい仕事が元から出来ない場合は、

こういう、改善方法を取ることで、同じミスを減らして行くことが出来ますよ。

 

自分の作業の内容をもっと知る

実は、自分の作業がうまく行ったか行ってないかって

自分が1番分かってるところってあると思うんですよ。

ココにブツが1個ついてる!とか、耳がちょっと垂れてる!とか、

ココの所、ちょっとムラがあるとかね。

 

それをね、毎日毎日メモに取っていって、1ヶ月ためたら

スゴイ情報量というか、自分の欠点なんて1発で分かるくらい

癖も何もかも明確になるんですよ。

何が得意で何が苦手、どんなミスをしやすく、何で時間を食うのか。

 

そういう記録を取り、見直すことによって

自分の作業のことが、もっと分かるようになるんですよね。

そういう意味で、もっと自分を知れば腕はもっと上がるはず。

僕はそう確信してます。

 

そのためにも、メモは必須だと言い切れます。

 

まとめ

前もどこかで書いたと思うんですけどね、

自分のミスというか欠点なんて、あんまり見たくないし言いたくないじゃないですか。

例えば、自分がなにかミスをしたとしてね、垂らすとかムラとか。

そんなのを仲間であってもツッコまれたりしたら結構イラッとすることも

あると思うんですよね、誰でも。

分かってるわい!いちいち言うな!って。

でも実際出来てなかったり、ミスをしているのは明確なんで、

言われても仕方ないんですよね。

迷惑をかけることにもなるしね。

 

そうしないために、少なくとも自分の作業で迷惑をかけないようにするためには

自分の腕を上げるしか無いんですよね。

その上げる方法の一つが、今回書いた、自分の作業のことをもっと知ること。

何が得意で、何が出来てないのかを明確に知ること。

それを周りに迷惑をかけず、改善していくための工夫の一つがメモです。

 

これはね、騙されたと思って1週間でも良いのでやってみて下さい。

思わぬ収穫があるかもしれませんよ。

って、騙すつもりはないんですけどね。

 

この本、今読んでるんですけどメモの書き方まで書いてあって

とても勉強になります。

僕のメモなんて、ただの箇条書きでしかないんですけど

この本に書かれてある方法を真似したら、もっと分かりやすくなると思います。


 

 

-雑記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.