呑み雑記 自動車塗装日記

自動車塗装 いちころ呑み雑記 44杯目 速く、正確に

投稿日:



いちころです。

ココ最近、手が遅いのか入庫が多いのか、

やってもやっても、台数が減らないどころか増えてくる一方なんですよ。

よくこういう時って

『たくさん仕事をいただいて、嬉しい悲鳴です!』

みたいに言う人いるじゃないですか。

ま、実際その人にとってはそうかも知れないんですけど、

僕らのような、底辺の作業員にとって、この状況というのは

『オマエ、いい加減にしろ!』

って感じなんですよね。ホンマに。

 

今の所、塗装が12台待ち。

それも結構な広範囲のものばかりなので、そうそう捌けるものでもないですしね。

で、今日その疲れが顔に出てたんでしょうね、僕。

その時、鈑金の先輩が前の工場の塗装屋山さんの話をしてくれたんですよ。

 

先輩『前の工場の〇〇さん、1日3台位やってたな。』

いち『下準備も自分でやって?』

先輩『やってた。紙貼りも早かったし、なんでも早かったわ~』

いち『そんなん出来るもんなんですか?』

先輩『無駄がなかったな~。ほんで上手いし。』

 

マジか~。僕なんて大きいのが入ったら、せいぜい1台半。

1台塗って、次の1台を下準備して終わりくらいなものです。

もちろんコレで満足していたわけでもないんですが、そういう話を聞くと

やっぱりがんばらんと!と思いますよね、実際。

休みがないとかシンドイとかって、甘えとったらアカンっすよね。

頑張ります。

 

では今日の作業はコチラ

はい。スズキ イグニスですね。

作業内容は

・ボンネット 交換

・右フロントフェンダー 交換

・左フロントフェンダー 修理

・右フロントドア ボカシ

では早速かかっていきます。

まずは足付けを終わらせてからの、ボンネットのコーキングです。

コレも僕、ニガテでね。毎回苦戦してるんですよ。

ウチはエアーのものを使ってますが、前の工場では手で握るタイプのもので

キレイに仕上げる人もいたんでね。

1番の目的は隙間を埋めることですけど、やっぱりキレイに仕上げたいじゃないですか。

中には指で擦る人とかいますけどね。

やっぱりそういうのって、昔はよかったかもですが、

今ではもうそんなの通用しないじゃないですか。

新品部品のコーキングで僕が1番上手いと思うのは、マツダの部品なんですよ。

ウチはマツダの仕事は殆どないんですが、たまに入ってくるんですけど、

やっぱりキレイなんですよ。他のメーカーのものに比べると。

とあるメーカーなんて、もう巣穴空きまくり、はみ出しまくりで

『返品じゃ!』

と言いたくなるほどのモノもありますしね。

速く、キレイに。

もっと精進します。

で、内板色があるのでボンネットの裏を見てみたら・・・・コレですよ。

3色・・・・。めんどくさー

要は内板色の上につや消し黒が乗って、外板の水色が乗ってる状態ですね。

コーキングの穴がないか確認して、早速塗っていきます。

 

( ー`дー´)とぅー!

つや消し黒まで乗せ終わりました。

最近、このつや消し黒を作るのに、つや消し剤は使ってないんですよ。

使っても良いんですけど、もうスカシコントロール剤で代用です。

この色で100%。チンチングブラックを割って色を作りました。

最後の水色は 上塗りの時に乗せます。

 

次に調色なんですが、色番はZWC。

ご覧の通り水色なんですが、僕が1番ニガテな色です。

何がニガテって、どうしてもムラが取れないんですよね。

どれだけ注意して塗っても。どうしてもどこかにムラが残る。

もちろん、行けない程ではないんですが、よく見たら分かる感じ。

日向や蛍光灯の下なら何とかOKですが、水銀灯の下はちょんバレ。

だからほんの少しなんですが、分かるレベルで残るんですよ、毎回ね。

今回こそは決めんと。

 

はい、ちょっと飛ばして調色・マスキングまで終わらせました。

ゴミ・静電気をエアブローで飛ばし、早速塗っていきます。

 

ベース3回、ボカシまで終わらせました。

 

・・・・フェンダー、ドアはまぁOK。

問題はボンネットです。何かちょっといますよね、ムラが。

よくシンナー希釈がどうとか言いますが、それも大事なんですけど

やっぱり基本はガンの運びであり、色の乗せ方なんやと思うんですよね。

そのベースの乗せ方・ムラのとり方が、結果的にキッチリできていればOKですが、

僕のように不十分だった場合、水銀灯の下ではちょんバレになります。

納得するまで確認し、ムラを取り、次はクリヤーを乗せていきます。

 

ぬあ~~~~!くっそ!なんかおるぞ?ボンネット。

あれだけ注意してこれかいや、オレ!

あ~~、もうちょいなんすけどね。

まぁ、しゃーない。乾かして明日組んでみて、ダメなら塗り直しです。

 

まとめ

ムラのとり方は人それぞれで、その難易度は

色によって変わります。

例えばトヨタ1F7なんかは結構ボカシやすかったりしますが、

こんかいのこのZWCみたいな水色は、難易度が高かったりします(僕的に)

 

で、今回気付いたんは、小さいパーツはムラにはならないんですよ。

なるのは大きなパネルだけ。

 

そして塗ってるときのことをよくよく思い出してみると

このボンネットを塗る時って、ドライ気味にかかってたような気がするんですよね。

ベースがね。

例えば塗板を塗る時って、キッチリべったり色を乗せる事が出来るじゃないですか。

でもこのボンネットは?

やっぱり、薄く塗るつもりはなかったんですが、結果的に厚くは乗らなかった。

問題はココっすよね。

明日からの課題として、作業していきます。

思い当たるフシは何個かあるんですけどね。

改善されたら、途中経過も含めて、またブログに書いていくことにします。

 

わー、もう3時回ってますね。

明日も作業が多いんで頑張らんとね。12台やしねw

今日はここまで。明日もがんばりましょう。

お疲れ様でした(`・ω・´)ゞ



-呑み雑記, 自動車塗装日記

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.