自動車塗装の日々の試行錯誤の様子や、DIY情報を書いています

自動車塗装 いちころペイント.net

DIY

DIY塗装をする前に

投稿日:



DIY塗装をする時に、知っておかないといけないことが、いくつかあるんですけどね。

他のサイトを見ても、色々紹介してるじゃないですか。

道具だったり塗装方法だったり。

でも、それらを見て、『あれ?』って思ったことはないですか?

例えばやり方が一定してなくて、どっちが、どれが本当か分からなくなるとか。

それは、プライベーターの『やってみたシリーズ』のようなものは別にして、

プロの、ショップの名前を出している人のやり方でも同じことが言えます。

もし僕が素人で、こういったサイトや動画を知識を得たくて見たとしたら、

( ゚д゚ )結局どのやり方がエエねん!

ってなりますね。

それくらい、やり方がバラバラなんですよね。

でも結局それらは、人によってやり方が違うということなんで、

上手く仕上がるなら、その紹介している人が上手く仕上げているなら、

そのやり方は間違ってないんです

 

じゃ、どうするのか。どうすれば良いのか。

これからDIY塗装をしよう!という人たちへ

作業の前準備として、いちころペイントが思うことをお伝えしていきますね。

まぁチカラ抜いて見て下さい。

 

作業方法を理解する

まず最初なんですけど、作業のやり方が分かってなかったら

やりようがないので、まずは作業の順番を理解するのが最初です。

どういった順番で作業するのか

どんな道具を使うのか

などですね。

ウチでも少し紹介していますが、塗装のやり方には順番があるんですよ。

その方法は、店によって、人によって色々あるので一定ではありませんが、

大まかには同じです。

ウチでも少し紹介してますけど、動画サイトなんかでは

結構詳しく紹介してますよね。

その方が、実際の作業を見れるので分かりやすいかもしれません。

『この作業はこんな感じでやってるのか~』

くらいでいいんでね。

まずは慌てず、その辺りを理解して下さい。

それが、DIY塗装の1歩目です。

ココがポイント

どういった方法で作業しているか理解する

 

やるか、やめるか。

大まかにでもやり方が分かったら・・・・

ココで大体2択に分かれます。それは、

作業をするのか、止めるのか

なんですよね。

最初はやる気があったとしても、やっぱり実際の作業を見てみると

何かめんどくさくなったり、自信がなくなったりするものです。

何せ、時間もお金もかかりますし、成功するとは限らないし、

仕上がりは、自分の腕次第だったりしますからね。

なので、やり方を調べてみて、

(´・ω・`)やっぱり自信がない・・

となったら、ココで止めるのも一つの手です。

高いですけど、プロに任せればしっかり直してくれるし

時間も使わなくて済むので、そうするやり方もあります。

 

でも反対に、やる!と決めたなら

次は大まかにではなく、しっかりと作業内容の理解や、

道具の用意をする必要があります。

ココに注意

やるか止めるか、ハッキリ決める

 

作業方法と道具の用意

やると決めたら、次は具体的な作業方法と

必要な道具とその使い方を知らないといけません。

でも、そんなに種類はないし、やれば分かることなので

実際、そんなに難しく考える必要もないんですけどね。

 

まずは作業方法ですがこれは、要するに

スタートからゴールまで、何をどうするかハッキリ理解することです。

作業前にこのあたりが曖昧だと、実際作業しだしたら迷って手が止まったりするので、

ココは重要です。

次に道具の用意。

といっても、数は知れてるんですけどね。

詳しい説明は省きますけど、自分の作業にどんな道具や材料が必要かを調べます。

ここで、材料代がいくら掛かるかが出てくるので、

予算内に収まるかどうかの確認もできます。

実際、ここが一番重要だったりしますよね?

 

ココがポイント

作業のやり方、道具の使い方を理解する

 

作業の順番をしっかり決める

大まかにでもやり方が分かったら、次は作業の順番を決めます。

コレをキッチリ決めるか決めないかで、仕上がりが変わってくるんでね。

具体的には

最初は何からやるのか

どういう順番で進めていくのか

使う材料と道具をしっかり決める

などですね。

・・・・これらをキチンと決めず、行き当たりばったりでやってしまうと、

肝心な所で道具がなくなったり、

作業方法に迷ったりして、段取り良く作業が進まなくなったり、

変に焦ってしまって、余計な失敗をしてしまう可能性が出てきます。

そうなると、せっかく用意した材料も無駄になってしまいます。

 

だから作業する前に、キッチリ順番を決めておくわけです。

例えば、最初の段階としては

step
1
修理箇所周辺の汚れをしっかり落とす。

作業の前準備として、水タオルなどで修理箇所の砂や埃を拭き取る。

step
2
修理箇所を確認する。

修理箇所を確認し、コンパウンドやシリコンオフで拭いて

きえるか、小さくなるかを確認する。

step
3
◯番の耐水ペーパーでキズを削る

キズが残る場合、周囲をマスキングした後、

耐水ペーパーの○番で、当てゴムを使ってキズを擦っていく。

 

こんな感じですね。

どういう段取りで作業していくのかをしっかり決めていれば

迷うことなく作業できます。

もちろん、うまくいくか、行かないかは別の話ですが

段取りを決めることは、効率よく作業するだけでなく

まず、何をどうすればいいか迷わなくなります

 

不安材料を減らすのも、上手く仕上げるためには大事なことです。

ココに注意

作業の順番をしっかり決める

 

他のもので練習してみる

これは、僕が個人的に思うことなんですけどね。

塗装したことがない人が、いきなりクルマを塗るのは結構リスキーなんで、

他のものでちょっと練習してみるのが良いと思うんですよ。

一斗缶があればベストですけど、なければ何かプラスチックのものでね。

 

最初は一斗缶の1面をとりあえず塗ってみて、どんな感じで色が乗るかとか、

あと今自分が塗ったらどういう風に仕上がるとか、そういった感覚を掴むんですよ。

あ~、こんな感じか~・・みたいなね。

ここでムラがスゴイ出たとか、隠蔽しないとか、そういった問題が出たら

出来るになるまで練習したら、実際クルマを塗るときには

自信を持って出来るじゃないですか。

いきなりクルマを塗って失敗でもしたら、ホントめんどくさいことになるんでね、

一斗缶じゃなくてもいいですけど、何かそれに似た、何か塗りやすいもので

やってみることをオススメします。

 

まとめ

僕のブログでもちょいちょい言ってるんですけどね、

DIY塗装する理由って、自分でやってみたいというのもあるかもですが、

安く仕上げたい、とにかく早くもとに戻したい、キズをなかったコトにしたい、

というのが大半だと思うんですよ。

あとはドコに持っていって良いのか分からないとかね。

 

これだけ言っておいてなんですけど、本当にキレイに元に戻したいなら

プロに任せることをオススメします。

その方が結局安上がりだし、保証は効くし、キレイに仕上げてくれますしね。

未経験のクルマのDIY塗装は、デメリットのほうが多いんですよ。

 

ただ、上手く仕上げることが出来たら、それはそれで安く仕上げられてラッキーだし、

自分のスキルも上がって嬉しい!ってのもあると思うんですよね。

オレはキズも直せるで!

みたいなね。

そうなれば万々歳ですけど、やっぱりそうならないことも多いんでね、

なので、やるかやらないかは、ホントよく考えてくださいね。

 

-DIY

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.