自動車塗装の日々の試行錯誤の様子や、DIY情報を書いています

自動車塗装 いちころペイント.net

DIY

DIY自動車塗装 足付けとは?

投稿日:



 

足付けとは、塗料やパテなどを旧塗膜、

または鉄板に付着させるために行う作業です。

実はこの足付け、簡単なようで結構奥が深かったりします。

ただキズ付けるだけやろ?簡単やん!

とか思いました?

実はそのとおりで、簡単なんですよ。

でも、簡単なだけに、見落としも結構あったりするんでね。

今回は、足付けについて詳しく書いていこうと思います。

 

足付けの目的

足付けとは、

足付け用ペーパーや、スコッチブライトといった道具を使い、

旧塗膜や鉄板に傷をつけることを言います。

傷をつけることによって、その傷の中に塗料・パテを食い込ませて、

しっかりと密着させることが目的です。

 

この作業を抜かしたり、または雑に行うと

パテを乗せても剥がれてきたり、塗料も何かあるごとに剥がれてきやすくなります。

例えば、クルマは走れば振動するので、段々とパテが割れてきたり

バンパーなどは飛び石のキズがキッカケとなり、そこからペリペリ剥がれたり。

せっかくキレイに塗ったとしても、長持ちしないんですよ。

 

足付けは、塗装の下準備の中では一番最初の作業で

だからこそ、いちばん重要な作業とも言えます。

 

そしてこの足付けには、用途によって番手(粗さ)を変える必要があり、

コレを間違うと、やはり剥がれの原因になったり、上塗り後も

ペーパー目が残るといった不具合が起きます。

なので、目的に合った番手を選ぶことが重要です。

 

ココがポイント

目的に合った番手を選んで足付けをする

 

足付けの種類

足付けする場面はいくつかあるんですが、

さっきも書いたように、用途によって番手を変えるのが重要です。

では順番に説明していきますね。

 

パテを付ける前

ちょっとバンパーが汚くて申し訳ないですね。

凹みなどを修理する場合はパテを使うんですが、DIYで作業するなら

鉄板・バンパー共に#240をオススメします。

この粗さでも十分パテは付くし、また必要以上に深いキズを付ける必要もないしね。

バンパーを補修する場合、だいたい素地まで削ることになるんですが、

この素地をあまり粗い番手で削ってしまうと、

ケバ立ってしまって、パテもサフも、乗せにくくなってしまいます。

#240で削ったら、そこまでケバ立つこともないし

もしなったとしても、#320で当て直せばきれいに肌を整えることが出来ます。

 

サフェーサーを乗せる前

サフを乗せる前は、#320または#400をオススメします。

もしこのサフを乗せる前にパテをしていた場合、

そのパテを研ぐために付いたペーパーのキズを落としておかないとダメなんですよね。

パテを研ぎ終わったときのペーパーの番手が#240だった場合は#320で、キズのみの研磨の場合は#400で。

次に研ぐ番手のことも考えて、なるべく細かい目で行った方が綺麗に仕上がりますし

作業自体を早く、楽に進めることが出来ます。

 

ベース塗料を乗せる前

これは、例えばバンパーなどを修理した時のベース塗料を乗せる範囲、

または修理などはせず、単体で塗ってしまう場合のことですが、

#600をオススメします。

ベース塗料の足付けは、やはり少し深いほうが良いので#600を使います。

この目なら、どの色でも食いつき、ペーパー目を消すことが出来ます。

コレ以上の粗いもので足を付けた場合、色によってはベース塗料では

そのペーパー目を消すことが出来ず、そのまま残る可能性があります。

なので、#600がベストです。

 

クリヤーを塗る前

修正パネルで、ベース塗料を乗せる箇所以外の所や

それも含み、クリヤーのみを乗せる場合の足付けは#1200~1500を使います。

クリヤーは無色透明なんですが、コレくらいの粗さなら、

ペーパー目の跡を残さず乗せることが出来、また、しっかり食いつくので

剥がれることはありません。

コレ以上の粗さのペーパーで当ててクリヤーを乗せた場合、

ペーパーを擦った傷が白くなって残ります。

なので、#1200~1500がベストです。

 

空研ぎ 水研ぎ

ペーパーには、空研ぎ用と水研ぎ用があります。

使い方は名前のそのままで、

足付けするのにペーパーを水につけるか、つけないかの違いです。

水研ぎは、ペーパーを水につけて、滑らせながら研ぎ、

空研ぎはそのままゴシゴシ擦る様な感じですね。

 

水研ぎの場合、たっぷり水を付けて研ぐため

下や周りが水浸しになり、また研ぎ汁が出るので結構汚れます。

そのため、工場など、地面が汚れても構わない場所ならいいのですが

そうでない家のガレージ等の場合は、後の掃除が面倒なので

やめておいたほうが良いかもです。

 

空研ぎは水は使いませんが、そのかわりに、研ぐ時に出る粉が周りに飛びます。

そのため、作業の内容によってはクルマや周りが粉で汚れることがあります。

 

どちらで作業してもいのですが、僕的には空研ぎをオススメします。

コッチの方が作業が全然早いんですよね。

足付け程度なら、空研ぎで十分いけます。

 

足付けをする前に

足付けをする前にやることが1つあって、それが

塗装面(今から塗る箇所)の清掃

です。これがきれいに仕上げるためにはとても重要です。

塗装面の清掃

塗装面が汚れたまま足付けしてしまうと、その汚れが噛んでしまい

余計な傷が付いてしまいます。

ガリッと、線キズが付いてしまったりすることもあるので、

先に拭き取っておく必要があります。

その他には油分。

ワックスやコーティング剤等も塗装するのには不要で、

この油分がついていると、滑ってしまってペーパーが当てにくかったり

またこの油分が残ったまま塗装すると、ハジキといって

プツプツと穴が空いたように塗料を弾いてしまって

せっかく塗装しても汚くなってしまいます。

 

そうならないために、前もって清掃をしておくわけです。

塗装面に余計なものが付いていたら、キレイに仕上がらないんですね。

 

掃除のやり方は

step
1
水に濡らしたタオルで拭き取る

塗装面を濡れたタオルで拭き取って、砂や埃をキレイに落とします。

泥などが付いていたり汚れが激しい場合は、先に水洗いした方が良いです。

step
2
シリコンオフで拭き取る

塗装面にシリコンオフ(脱脂剤)を吹き付け、ウエスで拭き取ります。

こうすることで、塗装面に付いた油分や、タオルでは取れなかった汚れ(粘着質のもの)

なども一緒に落とすことが出来ます。

 

最後に手で触ってみて、汚れが噛んでいなかったらOK。

足付けの準備完了です。

 

マスキング

マスキングといっても、紙を貼るわけではなくて

ペーパーを当てたくない所にテープを貼る感じです。

例えばこんな感じですね。

これは左のフロントフェンダーを足付けするんですが、

左フロントドアとピラーは傷を付けたくないので、テープを貼ってます。

ボンネットは開けたらいいので貼ってませんけどね。

足付けは、このキワが重要で、ココをしっかり当てていないと剥がれてきます。

そしてこのキワをしっかり当てて、その隣接パネルを傷つけないようにするために

こんな感じで隠すわけです。

 

 

足付けのやり方

当て方が重要

ペーパーを手にとって擦る・・・・だけなんですけど、

これが慣れていないと、中々キレイには行かないんですよね。

というのも、そのペーパーをどうやって持っているのか?が関係してくるからです。

 

初心者がペーパーを当てる場合、僕が見た限りでは

ほとんどの人が指先を使ってます。

ペーパーを持って、指先を使って擦るわけですね。

もう、ゴシゴシゴシゴシ。人差し指、中指、薬指の3本の指を使って。

 

実はコレは間違いで、このやり方をすると、下手をしたら

塗膜が指で擦った形に凹んでしまいます。

もうボッコボコになるんですね。

#600とかなら、確実にクリヤーが凹みます。えぇ、凹みます。

塗膜は、そんなに硬いものではないし、膜厚もそんなに厚いわけではないので

ちょっとキツめに当てるだけで、簡単に凹んだり削れたりします。

なので、素手で当てるなら、手のひらを使います。

面で軽く当てていく感じ。もうそれで十分です。

細部や隅っこなどは、指先を使って軽く。クリヤーを削りすぎない感じで。

それでだいたい均一に当てていけばOKです。

 

では次に、僕の足付けのやり方を例にして、ちょっとやっていきますね。

まず、僕は足付けは基本素手ではやりません。

その理由は、全体を均一に当てるのは時間が掛かるからです。

なので、手で当てるならこのスコッチブライトという

足付け用のスポンジたわしに巻いて使います。

こんな感じ。

これで手のひらを使って、サーッと当てていくわけです。

 

ちょっとサフ入ってますけど、こんな感じです。

細部までしっかりと。

そして、足付けってどこまで当てたらええの?と疑問に思う人もいるかもですが

足を当てると、こんな感じで白っぽくなります。コレが均一になっていればOKです。

あと、ココまではしなくても良いかもですが、僕たちはこういうものも使います。

これ、コンパウンドなんですけど、足付け用でちょっと粗いんですよ。

これを使う目的は、

もっと細部の足付けをするため

クリヤーのみを乗せる箇所の汚れを落とす

です。

細部の足付けというのは、細かいことを言うと塗膜はラウンドといって、

少しボコボコしています。

ゆずとかみかんとかほどではないですが、例えばそんな感じです。

ペーパーを当てる場合、このラウンドの高い所は良いんですが、低い所は

当てにくいんですよ。

なぜなら、低い所をしっかり当てるには、高い所を削り落とさないと駄目だからです。

なので、その低い所までしっかり当てるために、コンパウンドを使います。

使い方は簡単で、こんな感じでウエスでゴシゴシ擦っていけばOKです。

そして、足付けはしっかりやったつもりでも、細部には汚れが残っていたり、

また研ぐことによって出来た汚れが付くこともあります。

その汚れをコンパウンドで擦ることで、しっかりと取り除く事ができます。

クリヤーしか乗せない箇所で、この汚れが残っていると

当然ながら汚れた状態で仕上がります。

濃色なら目立たないかもしれませんが、淡色の場合だと・・・・

もう見れたもんじゃないですね。

なので、そうならないために、こんな感じでコンパウンドで仕上げるわけです。

 

最後に脱脂

足付け後は、塗膜をキレイに拭き取ります。

濡れたタオルでもいいんですが、その後には脱脂をすることをオススメします。

そのりゆうなんですが、やっぱりタオルだと拭き形が残る場合があるんですよね。

それが固まるというか固着して、最後まで細部に残るということがあるんでね、

やっぱり隅々まで脱脂してた方がきれいに仕上がります。

そんなにゴシゴシやる必要はないですが、もうサッと。

表面の汚れを落とす程度でも良いので。

 

これで足付けは完了。

最後にテープを剥がして完成です。

 

まとめ

足付けは、プロでもめんどくさがって軽視する人もいますが、

やはりキレイに仕上げるため、長期に渡って美観を保つためには

重要な作業だと思います。

この足付けが不十分なために、細部がぼろぼろ剥がれているクルマって

結構あるんですよね。

汚れを落として均一に当てて、細部まで脱脂する。

これでキレイに足付けをすることが出来るので、

たとえ塗装する範囲が広かったとしても、細部までキッチリやって下さい。

面倒くさいだけで、やることなんて簡単なんでね。

-DIY

Copyright© 自動車塗装 いちころペイント.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.